介護リフォーム本舗が提供するリフォーム工事

介護保険を使ったリフォーム工事

介護保険を使ったリフォーム工事

ご存じですか?
リフォーム工事が1割または2割の負担で行える方法があります!

それは、介護保険を活用してフォーム工事(住宅改修)を行うというものです。

自宅での生活に支障がないように、手すりの取付けや段差の解消などの住宅改修を行った場合に、一定の限度額内において、かかった費用の9割(または8割※)が介護保険の給付費として、保険者(自治体)から払い戻される制度です。

介護保険が適用となる改修工事の内容

  1. 手すりの取付
  2. 床段差の解消
  3. 滑り防止及び移動の円滑化等のための床の変更
  4. 引戸等への扉の取り換え(ドアノブ⇒ドアレバーへの変更・戸車の設置等)
  5. 洋式便器等への便器の取り換え
  6. その他1~5に付随して必要となる工事

 

介護保険を利用した住宅改修の流れ

※工事を進めるにあたって、以下のような段階をたどるため、お時間が多少かかります

① ご相談

 介護保険を利用した住宅改修をご希望される際は、ケアマネージャーさんや相談員 にご相談ください

② 現地調査

 専門知識のある住宅改修担当者が訪問し、工事内容の検討をいたします。普段お困りのことを担当にご相談ください。必要と思われる改修をご提案します

③ 御見積作成・工事内容ご検討

 現地調査の内容を元に御見積を作成しお届けいたします。届いた御見積の内容をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください

④ 改修工事依頼

 御見積を確認後、内容がよろしければ役所へ提出する申請書にご捺印頂きます

⑤ 役所へ申請

 許可がおりるまで7~10日ほどかかります(市町村によって異なります)。申請は私どもで代行いたしますのでご安心ください

⑥ 役所からの許可

 許可がおりましたら工事の日程をご相談の上決定いたします

⑦ 改修工事・料金の支払い

申請をした内容で改修工事を行います。工事完了後、かかった費用の1割分をお支払いいただきます 

●介護保険では要支援の方も要介護の方も共通で、住宅改修のための給付は、上限20万円までです。その内の1割(2割)が自己負担となります。
(例1.見積金額が155,000円の場合、ご負担金額は15,500円
 例2.見積金額が210,000円の場合、ご負担金額は20,000円+10,000円 = 30,000円)
 1度の改修で全額を使いきらない場合は、数度に分けて使うこともできます。
※要支援、要介護認定区分が著しくあがったとき転居した場合は改めて上限20万円までの給付を受けることができる場合があります。その際は一度ご相談ください

ご不明な点などございましたらお気軽にお申し付けください。

お問い合わせは下記から。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

郵便番号(任意)

住所(必須)

お問い合わせ内容(必須)

こちらの文字列を入力してください。 (必須)

captcha

※入力した内容を再度確認して、『入力内容を送信する』ボタンをクリックしてください。
なお、送信いただいた内容は「Re:【自動送信】介護リフォーム本舗へのお問い合わせを承りました。」、という件名で、自動的にメールを送りますので、受信をご確認ください。

介護リフォーム本舗お問い合わせ

PAGE TOP